インスピレーションはどの分野においてもきわめて重要な要素です。よく成長過程を険しい山にたとえることがありますが、その山の頂に押し上げてくれるもの、それがインスピレーションです。

この大切な原動力の不足は、プロとして活躍する多くの人々に影響を及ぼします。

個人的な問題、重圧のもとでの仕事、あるいは単なる一時的なやる気のなさはマイナスに働きます。

そのため常に自分をインスパイアする必要があります。

自然に、わけなくそれができる人もいれば、インスピレーションが枯渇して自分の専門的な職業に支障をきたさないよう、日々創造のひらめきを豊かに保つための努力をしている人もいます。

インスピレーションを一定のレベルに維持するためのマニュアルはありません。とはいえ、すべてのクリエイティブ業界のプロにとって役立つちょっとしたヒントならあるでしょう。

人は十人十色。誰にでも通用するヒントは存在しません。あてもなくのんびりと通りを歩いているときにインスピレーションが湧いてくる人、テレビ番組を見て、あるいは入浴中や自然の中にいるときに発想が浮かぶ人などさまざまです。

アートの展覧会で絵画を鑑賞したり、イラストレーター、デザイナー、建築家の手による美しい作品を見学したりすることも、心に欠けていた何かを取り戻し、再び豊かなひらめきを基に行動するきっかけになるかもしれません。

重要なのは、大切なインスピレーションが戻ってくるための理想的な状況を考えること。

生産性やインスピレーションが高まったり低まったりするのはどんなときでしょうか。自分のリズムを知ることの重要性を認識していますか?

インスピレーションを受けるための感性は、常に磨くことができるもの、また、磨くべきものです。

それは簡単ではないにしても不可能ではありません。ひらめきを得るための自分なりの方法を見つけて、原動力が尽きないようにしましょう。見る、触れる、聞く、観察する、読み取る、理解する、把握する。まずは感性を研ぎ澄ませることです。