今週の、PhotoshopのグルEric Renno (Tip Squirrelのチュートリアルは、Photoshopのフィールドぼかしの使い方です。

前回はPhotoshopの虹彩絞りぼかしで画像の一部に注目させる方法をご紹介しました。今回は、似ているようで、異なる、「フィールドぼかし」を説明します:

賢く使う

今回はこの画像を使います:

wine

フィールドぼかしは、スマートオブジェクトとして使うと便利です。殆どの場合、最終的に設定を変えてしまうので、このフィルターを使います。まずは、レイヤーをスマートフィルター用に変換します:

fotolia_field_blur_photoshop_01

 

フィールドぼかし

fotolia_field_blur_photoshop_02

フィールドぼかしを開くと、見覚えのある新しいウィンドウが開きます。右側に虹彩絞りぼかしがあり、折りたたむとフィールドぼかしが開きます。両方一緒に使うと、上手く機能しないので、一度にひとつだけ使うのがベストです。

ぼかしピン

虹彩絞りぼかしの時と同様にパスぼかしを見るとPhotoshopはデフォルトでぼかしを追加しました。このピンでフィールドぼかしの丸いダイヤルと同じようにぼかしの量を決められます。今回は、パスぼかしのように外側にぼかしがありません。その代わりに、ピンの追加でぼかしの量を調整します:

fotolia_field_blur_photoshop_04

2つのピンを40 px のぼかしで、その間に0 px のぼかしを足してみました。ぼかしが変化しているのがお分かりになると思います。ピンが近いほど変化が早くなります。

ぼかしの形

ピンを追加するほど、希望の場所のぼかしの量をコントロールしながら、分離することができます。今回は、チーズに焦点を合わせ、ワイン、パン、ぶどう畑にぼかしをかけ、被写界深度を浅くしてみました:

fotolia_field_blur_photoshop_05

複雑で、大変な作業のように見えますが、キーボードのOption+cmd(Mac)かAlt+Ctrl(PC)を押しながら、ピンをクリック、ドラッグしてコピーするだけです。

これで大幅にクリックの回数を減らすことができます!

ぼかしを微調整する

fotolia_field_blur_photoshop_06

「最初のパス」にぼかしを追加することはそんなに悪いことではありませんが、ぼかしを微調整したい時があります。スマートオブジェクトで作成してあるので、スマートフィルターをダブルクリックして、ピンを追加、削除、移動出来ます。

fotolia_field_blur_photoshop_07

別のスマートフィルターで、虹彩絞りぼかしを追加することもできます。フィルターはここに下から上に表示されます:

fotolia_field_blur_photoshop_08

フィールドぼかしの前に、虹彩絞りぼかしを適応させました。

こちらが完成品です:

fotolia_field_blur_photoshop_final_no_text.jpg

Ericさん、いつもどおりの詳細なチュートリアルをありがとうございました。また来週になりますが、ウェブサイトYouTube で彼のチュートリアルをご覧いただけます。FacebookTwitter から彼に連絡も取れます!