今回はFotoliaのクリエイターCarlos Castilla Jiminezの作品を選びました。ニューメキシコかデスバレーの砂漠であると思われる素晴らしい写真です。オーストラリアの奥地の可能性もあります。しかしながら予想に反してこの作品は、スペインで撮影された2枚の画像を加工処理して作成されたものでした。

「テクスチャやポートレート、市街地を撮影して、3Dレンダリングを作るのが好きです。常にビジネスセンスと市場価値を考えています。

それ以外に、時間があるときには風景写真を撮影しています。自然に触れ、木や道や楽園など、インスピレーションを受ける場所を撮影するのが好きです。ほとんどの写真は、フォトコンポジションやフォトモンタージュのベースとして使用します。この砂漠の画像も2枚の画像を組み合わせて作成しました。

乾いた湖のひび割れた地面は、ナバラ州(スペイン)の半乾燥自然地域にあるバルデナス・レアレスに2013年に行った時に撮影しました。

_MG_0151 como objeto inteligente-1.jpg

粘土、石膏、砂岩で出来た奇妙な形をした、まるで月面のような美しい風景です。

2番めの写真は2010年に撮影したもので、サラゴサ(スペイン)の嵐の前の空です。

_MG_9996 como objeto inteligente-1.jpg

ここはフォトモンタージュ用の空の写真を撮りに行く場所です。日の出、日の入り、雰囲気のある空の写真を撮るには絶好の場所です。

異なる時間の風景写真をいくつか組み合わせて存在しない場所を作り出すのが好きです。

以下は別バージョンの画像ですが、残念ながらあまり売れていません。もうひとつ私が発見した風景です。」

Desert landscape and sunset

Desert landscape and sunset

 

Desert lanscape.House and road in sunset landscape

Carlosさん、画像の裏話をありがとうございました。Carlosの作品をもっと見たい人はFotolia ポートフォリオで見ることができます。また彼とガールフレンドの写真の会社のサイトや Facebookページもご覧ください。