0
Menu
fotolia

Fotoliaのサイトが新しくなりました!

07.05.2015

Fotoliaのサイトが新しくなりました!

Fotoliaのウェブサイトが新しくなりました! 新バージョンのウェブサイトと新デザインのブログになったことをお知らせします。このアップデートはクリエイターと購入者の皆様にとって、かなり大きな変更になると思います。閲覧、購入、販売しやすくなった、新機能の追加と改良点の概要をご紹介します。 さらに閲覧しやすく 画像のプレビューが強化されました:お探しの画像か分かりやすくするために、プレビューがより大きく、鮮明になりました。この機能は必要ないですか?「プレビューを表示」オプションをオフにして下さい。   サイトのレイアウトは、より直感が働くオプションを導入することにより、プロジェクト用の素材探しにピッタリの画像が見つけやすくなりました。 小さなひらめきをお探しの方は、Fotoliaのホームページから直接見つけることが出来るようになりました。人気のカテゴリーが表示されることにより、特定のテーマに沿った画像のタイプを閲覧できるようになりました。定期的に更新するので、いつでも新しいコンセプトを得ることが出来ます! より検索が簡単に 以前のバージョンではページの左側に表示されていた検索フィルターは、検索結果の上に表示されるようになりました。ドロップダウンメニューで、絞り込み検索機能の利便性が高まりました。   購入がより効率的に 画像や動画から法人向けサービスまで、Fotoliaがオンラインで提供している製品がクリアーに表示されるようになりました。お客様のニーズにあったサービスを提供できるように、個々のサービスの概要(クレジットパック、定期契約など)が、レイアウトされました。 ショッピングカートから直接画像をダウンロードできるように、チェックアウトページをなくしました。 画像を購入しようと思った時、または、検討中の画像を失くしたくない時は、ライトボックスに追加して下さい。画像のページから直接保存したいギャラリーを選択し画像を追加できるようになり、より建設的に画像の管理を行えます。 クリエイター情報 クリエイターの皆様なら、ファイルをアップロードするためには多くの情報が必要であることがお分かりだと思います。新しいクリエイター情報セクションには、適したテーマ、技術的に適正なファイル、フォーマットでアップロードするための全ての情報がひとつに収集されています。売上げをチェック、分析、そして売れる作品を洞察して、今後の制作に役立てて下さい。 新しいクリエイターの皆様には、サイトに画像をアップロードするための段階的な説明をご用意しました。より早く、簡単にアップロードできる事は、作品がサイトにより長期間表示されることになります。そして、画像を販売するチャンスが増えます! ブログの新デザイン サイトをアップデートしただけでなく、ブログが新しいデザインとなりました。カテゴリーを更新、レイアウトを変更したので、読みたい記事が見つけやすくなりました。 4つの新しいカテゴリー: ・Fotolia: Fotoliaに関する最新のニュース、情報 ・クリエイター: 制作のコツやアップデート情報 ・インスピレーション: クリエイティブ界からのひらめき ・チュートリアル: フォトグラファーやデザイナーへのチュートリアル Fotoliaのブログのアップデートはここからご覧いただけます。Facebook, Twitter Google+からご意見をお聞かせ下さい!

もっと読む

GW休業(4/29~5/6)のお知らせ

21.04.2015

GW休業(4/29~5/6)のお知らせ

お客様各位 平素よりFotoliaをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 下記期間はゴールデンウィーク休業となりますため、フォトリアのカスタマーサポートはお休みさせていただきます。 2015/4/29(水)~2015/5/6(水)   この期間中、何かご不明な点などございましたら、以下の方法にてご連絡くださいますようお願い申し上げます。 ・ご登録済みのFotolia会員様 ホームページよりログインし、アカウント情報 > お問い合わせ を選択し、[新規問い合わせ]ボタンからお問い合わせ内容をご連絡ください。 ・ご登録前の皆様 ホームページ下方のメニューから お問い合わせ をクリックしてご連絡ください。 ご質問は5/6(水)より随時対応させていただきますが、ご回答までにお時間がかかることが予想されますので、恐れ入りますが予めご了承ください。 また、4/28(水)15時以降にお振り込みいただきます分に関しましては、5/6(水)以降の確認となりますので、ご注意ください。 皆様にはご不便をおかけし恐れ入りますが、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

もっと読む

「時の流れ」を表現できる便利素材「タイムラプス動画」

10.04.2015

「時の流れ」を表現できる便利素材「タイムラプス動画」

動画作品を作っていて、「ここで朝の雰囲気を出したいな…」といった場合、時の流れを感じさせる動画素材が欲しくなりますね。そこで、ストックフォトで手軽に入手できる、クオリティの高いタイムラプス動画をおすすめしたいです。 出典: INSPI(インスピ)ブログ タイムラプス動画は、最近ではスマートフォンでも撮影できるようになってきたので、ご存知の方も多いと思います。定期的に撮影した静止画をつないで再生するコマ撮り動画で、さまざまなアイデアを形にすることができます。 こちらは、私がコンパクトデジタルカメラで撮影したタイムラプス動画です。 交差点をあわただしく行き交う自動車や人びとの様子から、都会の忙しさを感じられるでしょうか(どこかコミカルにも感じますね)。 このように、誰でもコンパクトデジカメやスマートフォンで手軽に撮影できるタイムラプス動画ですが、クリエイターが気合を入れて撮った作品はやはりクオリティが高いです。 ストックフォトのフォトリアでは、写真やイラストだけでなく、動画素材も充実しています。例えばこんな作品はいかがでしょう? 花が開いていく様子をとらえたタイムラプス動画です。昔からよく使われるモチーフですが、動きがゆっくりな分、ナレーションや流れている音楽を強く印象づけられるという一面もありますね。 ワイワイと食事を囲むテーブルの様子をタイムラプスで撮影。切り分けられ、少しずつなくなっていく食事が、時間の流れを感じさせます。 旅人が行き交う空港の忙しさを表現したタイムラプス動画。時の移り変わりだけでなく、何らかのストーリーも感じさせられそうです。 これらの動画素材は、フォトリアさんのYoutubeチャンネルで紹介されています。 こうしたタイムラプス動画は、作品単体としても十分楽しめるくらい、クオリティの高いものです。ただ撮影機材があれば簡単に撮れるというわけではなく、入念なロケハンやセッティングを行い、事前に撮影許可を取るといった準備が必要になりますし、何よりも、見る者を驚かせるようなアイデアや発想力などが求められます。 ストックフォトで入手できるタイムラプス動画は、そうしたハイレベルな作品を手軽に購入して使用できるという点で、とても便利なものです。 自分の作っている動画のコンセプトやイメージにぴったり来るタイムラプス動画が見つかったら、ダウンロード購入をして自分の動画作品に挿入し、時の流れや場面転換などに活用することができるのです。 「時の流れ」の表現に使ったら面白そうだな、と思ったタイムラプス動画を選んで、ギャラリー を作ってみました。 スキー場やビーチ、高速道路、だんだんと暮れゆく空、自動車の光が行き交う都会の夜景など、さまざまな素材を集めてみたので、ぜひ見てみて下さい。 動画素材の詳細画面では、写真・イラスト素材と同じように、関連する作品があわせて表示されます。同じロケ地での別アングルや、似た雰囲気の動画も直感的に探すことができます。 動画のプレビュー再生は会員登録やログインをしなくてもできますので、ぜひ気軽に覗いてみて下さい。もしかすると、あなたの動画制作に役立つ素材が見つかるかも知れませんね。 ●出典: INSPI(インスピ)ブログ http://www.ebook5.net/blog/timelapse_movie/ ライター: 佐藤 勝

もっと読む

現地の人に出会う – ポートレート写真に関する秘訣

09.04.2015

現地の人に出会う – ポートレート写真に関する秘訣

  私たちの祖先の地球規模での移住は、主に食べ物や天候によって引き起こされました。遊牧民の移動は、彼らが狩りをしていた動物の群れを追う形でした(そして現在も続いています)。火の発見、肉の保存、農業などの技術が、理想的な条件に満たない状況でも人間が住みつけることを可能にしたのです。結果として、人間と同じように地球規模で分散した種はいません。 今日、それでもまだ世界中のバックパッカーを旅行に駆り立てる理由があっても、全員がムンバイの街中をさまよったり、エクアドルの森林あるいはヌナツィアブトの氷河をよじ登りたいわけではありません。しかし探検好きな人には、それらエキゾチックな土地の文化に興味を持つ機会もあるでしょう。先住民を撮影することに関する争点が、昨年Jimmy Nelsonの卓上用大型豪華版 Before they Pass Away の出版を機に表面化しました。この本は、アフリカ人、アジア人、アマゾンの民族(グループ)を、どうこの人たちが生活しているかというフォトグラファーの幻想として、世界のリーダー達を片付け、理想化していると言及されました。真の肖像写真は、フォトグラフィーによる忍耐、良い見解、相手を尊重したアプローチを必要とします。頭に思い描いた流行りの撮影とは違うのです。 旅行中に先住民を撮影する際は、文化的な感受性を常に考慮すべきです。リサーチしてみてください。もしかすると、訪れる先は、カメラを持ち込むのに正式な許可が必要なところかもしれませんし、あるいは先住民の方々は写真を撮られることに対して消極的かもしれません。スナップのポートレートでも、ポーズをとっているようでは意味がありません。相手を尊重して、被写体については、相手に接し関係を築くため、写真を撮る前に個々の許可を取得することをお勧めします。 社会的な民族や先祖に関わらず、被写体と合意を得ることは、コミュニケーションもせずにただ写真を撮るのと対照的に、ポートレート写真の品質を向上させるでしょう。多くの先住民のイメージあるいは他のジャンルのポートレートについて、不信や人間との孤立は、写真を撮る側と撮られる側の調和不足とみなすことができます。忍耐、好奇心、心を開くことが、言葉の壁がある人たちと気持ちを通わせるのに必要です。被写体の信用を得ることは、写真を撮る許可を得た時点で終わる訳ではありません。ジェスチャーを使った友好的な励ましや何らかのディレクションは、硬いフォーマルな書類と対照的に、意思の疎通に繋がります。 自然で信憑性を表す状況を捉えることは、明らかなもの、作られたもの、型にはまった筋書きよりも圧倒的に魅力的です。ポーズを付けた写真や、カメラ目線で笑うようなものと対照的に、自然光を使って、自然体の瞬間を写真に収めてみてください。人の顔に寄ったからといって、最高のイメージになる訳ではありません。周りの詳細が、興味のあるテーマと視覚的に関連性があるので、周囲を含めることで、イメージのストーリーに+αを追加できます。時に、被写体より前に、環境の方があなたに語り掛けてくるかもしません。この場合であれば、ライティングや背景などのポイントを抑えながら、準備して被写体がビューファインダーに入ってくるまで待つのも良いでしょう。理にかなった範囲でかつ快適なレベルで、最高の結果をかなえるためいくつかのアングルや視点を試してみてください。最終的に、写真撮影による交流への感謝の気持ちを表現することが、尊重の結びの印となります。 世界中の人々から提供されたポートレート写真は、こちらのギャラリー にも収めてありますのでご覧ください。

もっと読む

ストリートフォトグラフィー

09.04.2015

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィーという言葉には、興味をそそる響きがあります。写真へのモチベーションとして、それは自分の環境をもっと魅力的にしたり、自分にとって快適な場所から出るように励ましたりし、もしかすると普段近付かない人たちに話しかけたりするかもしれません。ストリートフォトグラフィーは本質を捉え、誰にでもオープンです。最近は、ソーシャルメディア(特にInstagram)やスマートフォンなどを通じて生まれ変わり、以前にもまして、ロケーションや人々、出来事をアップロードする人たちが増えています。 Googleストリートビューですら、 Jon Rafman や Mishka Henner といったアーティストにとっては自分たちの仕事であるように、論争を引き起こすメディアになってしまいました。ストリートフォトグラフィーは、 Alex Prager や Philip-Lorca diCorcia といった現実を装飾し完璧なイルミネーションを捉えるため人工光を紹介するフォトグラファーから見られる、再創世の点が発達した美学で、訓練という点をそもそも否定していると言う人もいます。昔のクラッシックな写真ですら、 Robert Doisneau のBasier de l’Hotel de Ville (1950年、パリ)と言った再創生をまた認めるのです。それについて自分の見解が何であっても、人間性のドキュメンテーション、また絶え間なく進化する芸術様式に関して永遠にとらえられたジャンルなのです。 ストックフォトグラフィーに関して言えば、ストリートイメージは、モデルやロケーションの承諾などに関し注意が必要です。しかし、それが最も楽しめることでしょう。最もクリエイティブな画像の中には、明らかで直接的なアプローチを避け、新鮮な目で見てみる必要性から実現したものもあります。人々も含めることはできますが、その身元が明らかにされてはなりません。しかし、常にモデルリリース(モデルの顔が見える場合には必要)とプロパティリリース(私的、また公的な所有物・不動産では必要となることがある)は複数持ち歩くようにし、必要となったら使用しましょう。許可を求めることは、丁寧で相手を尊重するアプローチですが、自然な雰囲気を奪ってしまう可能性もあります。さっとありのままに、あるいは彼らの許可を得て意図的になど、異なるアプローチを何回か試してみてください。時々被写体のカメラ目線が写真を作るものであり、また少し過小評価される場合もありますが、無防備なニュアンスが特別なものにしてくれます。どちらにしても、写真撮影にはどちらも良い練習です。 もしも頭の中に明確な美しいイメージがあって実世界でそれを見つけるのに苦労するのであれば、上記で話した再創成も選択肢になります。多くの ファッション フォトグラファーは、新鮮で彼らの層に訴えかけられるので、ストリートルックを選んでいます。結果として、このイメージのストレートなドキュメンテーションスタイルは、とても流行し引っ張りだこです。これまでのように、この場合、背景が被写体と同じぐらい物語るので、周囲の環境を頭にいれておきましょう。またライティングも重要な役割を果たし、撮影シーンの全体的な雰囲気を形づくります。レフ版と一緒に被写体に対する追加のライトが、背景から際立たせますが、照明の角度に注意してください。 時々これといったテーマが頭にない時でも、カメラを持って歩き回って何度となく目を奪われるものを分析することで、テーマが現れるでしょう。 Lee Friedlander は、他の人たちや街中の素材に映る彼の影を元にシリーズを作り上げました。また、彼のダッシュボードを通じて街を見たシリーズも撮影しました。   街や景色の構造は、その物語を語り、人々がいないのもメリットになります。 Steven Shore の写真のキャリア全体が、空間を通じて人々に触れています。このフィールドでもう一人の伝説は、 William Eggleston です。彼の色や構図の使い方が、カラー撮影を芸術世界の第一線に押し上げ、彼のレンズを通して普通のものを特別なものにしたと最も見事に言及されています。 もしもまだストリートフォトグラフィーを試すほど納得していないようなら、プロのストックフォトグラファーか趣味に熱中する人のどちらかだと思いますので、きっと納得することは無理でしょう。初めて試す方、特にインスピレーションに欠いていると思う人は、今こそ居心地の良い場所から抜け出すべきです。あなたのテーマが待っていますよ!

もっと読む

アドベンチャータイム – 自然の中での写真・動画撮影

09.04.2015

アドベンチャータイム – 自然の中での写真・動画撮影

最後に冒険をしたのはいつですか?遊びと探索という形で、子どもたちは常に冒険をしています。新しい食べ物を試し、新しい人たちと話し、遊び場を大胆に広げていきます。現代社会においては、冒険は軽視されがちで、自己認識の確立と維持において非常に評価の低い側面を持っています。冒険と言っても、新発見した土地を自分のものだと主張するような昔ながらの探検のことではありません。自然からかけ離れてしまっていることについて言っています。この子供のような人生へのアプローチは、再度遊びの感覚を魅了し冒険したくなるでしょう。そしてより大きな遊び場へ向かうのです。 自然は、不屈の精神を計り自分たちの限界を再定義するため、探検家が旅の中で忠実であり、また立ち向かうバロメーターです。極端に聞こえるかもしれませんが、努力の後でついに広大な美しい景色や海岸で耳が痛くなるような波の音の強さを目の前にした時、母なる自然の偉大さを認めざるを得ません。   外に出掛けてみてください。どんな冒険を一番に思い出すとしても、今が少しずつ準備をする時です。計画、トレーニング、リサーチと、これらもまたワクワクします。もしかすると、他の言語を習いたくなるかもしれません、現地で試してみてはどうでしょうか?!どんな冒険であっても、カメラと三脚を持参し、訪れた場所を写真に収めるようにしましょう! しかし従来のカメラでは、スキーやスノーボード、サーフィン、ロッククライミング、スカイダイビングなどの臨場感を記録するのには不向きです。GoProなどのアクションカメラは、ヘルメットや自転車、カヤック、サーフボードの上に装着でき、防水、耐衝撃性で、素晴らしい景色を存分に見せるワイドアングルのレンズが備わっています。真剣な冒険には、必要不可欠な機材です。 今注目のドローンを使用するも、広大な景色の映像を撮影するのにとても良い方法です。高品質なカメラを備え、静止画にも動画にも向いていて、スマートフォンのアプリから操作できます。移動中に自分を撮影するため追跡する、自動操縦の“Follow me”といった機能が装備されているものもあります。また、向こう見ずな探検家にすら物理的に手の届かないような場所を発見するのにも向いています。 山頂で見つめる景色や冒険の素晴らしさを表すのに、視点からの見方もまた人気の手法です。例えば、目線レベル、背後から、上部から、あるいはアクションが展開するように被写体に突進していくなど、視点を選ぶことができます。 リサーチ完了、装備は万端、十分に試してみたら、さああなたの冒険に出掛けましょう。自然を前にして自分がちっぽけに感じるのが嫌なら、きっと向いていないということでしょう。健康的な活動が好きなら、身支度してコンパスを忘れずにLet’s Go!

もっと読む

Photoshop、ぼかしのチルトシフト効果を使ったチュートリアル

09.04.2015

Photoshop、ぼかしのチルトシフト効果を使ったチュートリアル

今週、Photoshopエキスパートの Eric Renno、通称 Tip Squirrel が、Photoshop CCと CC 2014で、チルトシフトをどのように最適化するか実演してくれます。 Photoshopにおける最近のアップデートで、ぼかしギャラリーへの追加分3つを含め素晴らしいフィルターが紹介されています。そのうちの1つがチルトシフトです。この効果は、元々特別なレンズを使って得られるものでしたが、そのうちフォトグラファーはPhotoshopでも再現できることに気付きました。 人気の上昇を確認し、Adobeはこの効果を作る専用フィルターを追加しました。 画像の選択 多くのチルトシフトイメージは、おもちゃの街あるいはミニチュアの村のように見えるよう作られているので、この効果のためには、小高い見晴らしの良いところから撮影された画像で始める必要がります。今回の例では、この素敵な 画像 を選びました。 スマートに 私はスマートオブジェクトやスマートフィルターを好んで使いますが、その詳細はこちらでご覧ください。フィルターメニューからこの画像をスマートオブジェクトに変換します: レイヤーのアイコン上に表示されるこの小さなアイコンのおかげで、このレイヤーがスマートオブジェクトであることが分かります: Photoshopのフィルターを追加 Photoshop CC 2014内には、私が求めるこの効果専用の素晴らしい新フィルターがあります。メニューからそれを選択します: 新しいダイアログボックスが開かれ、自分の要件に合わせて、チルトシフトのぼかしを配置、変更することができます。 チルトシフトのダイアログボックス ① この点には2つの機能があります。まず、ぼかし効果の中心にぼかしピンを置き、どれだけぼかすか制御できます。 ぼかしピンを動かすには、クリックして押さえたまま新しいところにドラッグし、マウスを離してピンを落とします。ここで、ぼかしの追加や削除をするには、外側の円をクリックして円周辺にドラッグします。少し注意が必要ですが、ぼかしの量を直接指定、あるいは右側の④にあるスライダーを使用します。 ② この直線はぼかしの開始点を示します。2本の直線の間には、ぼかしは入りません。③の点線まで、斜線内にぼかしが適用されます。 ③ ぼかし効果が100%のところを示します。 ④ ぼかしの量を数値で入力するか、スライダーで指定します。 ⑤ このスライダーが、ぼかしが引き起こす歪みの量を決定します。 ⑥ チルトシフトの前に、全体としてイメージの焦点をぼかす必要があれば、ここでできます。パーセンテージを減らすことで、ぼかしを追加します。 ぼかしを回転 ぼかしの開始線②上の白い点近くにマウスを動かすと、二重矢印のカーソルに変わります。マウスのボタンを押すと、メインの被写体のアングルに合うようにぼかしを少し回転できます。 最後の仕上げと”余談” ここで気にすべきはそれだけですが、少し先に進んでみましょう。画面の上部に、以下のチェックボックスがあります。 そこにチェックを入れて、次のステップでその結果が見られるので、ここではOKをクリックしてメイン画像に戻ります。 チャンネル チャンネルパネルを開きます。レイヤーを既にグループ化しているかもしれませんが、もしもしていなければ、メインメニューから ウィンドウ > チャンネル を選択します。 前のステップでチェックボックスにチェックを入れたので、”ぼかしマスク(Blur Mask)”と呼ばれるチャンネルができました。Ctrl (PC)、またはCmd (Mac)キーを押して、ぼかしマスクのサムネイルをクリックして選択します。 レイヤーパネルに戻る   選択部分はこのように見えないかもしれませんが、ぼかしの選択、厳密に言えばその境界です。 目を引き付けるためにぼかし部分を暗くする 画像のぼかしていない部分に見る人の注意を引き引き付けたいので、選択の境界部分を使って行います。レイヤー > 新規調整レイヤー > レベル補正 […]

もっと読む

ストックフォトの検索機能で「春」のイメージを探す

07.04.2015

ストックフォトの検索機能で「春」のイメージを探す

春を想起させる画像をデザインに使いたいとき、具体的なイメージが決まっていればいいのですが、なんとなく漠然と「春っぽいものが欲しいな…」といった場合、素材探しに迷ってしまいますね。そんな時、ストックフォトの優れた検索機能が便利です。 出典: INSPI(インスピ)ブログ ※トップ画像クレジット: © Monia – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/12750647 ストックフォトサービスの検索機能は、目当ての素材を探しやすくするのはもちろん、自分のイメージを連想させて広げたりするのにも有効です。さっそく実践してみましょう。 まず、ストックフォトサービスのフォトリアさんで、シンプルに「春」のキーワードで検索してみました。 ポートレート写真やイラストなど、いろんなものが出てきました。 が、これだとさすがにイメージがバラバラすぎますね。まずは左側の検索フィルタで少し絞り込んでみましょう。 検索フィルタで「タイプ」を「イラスト」に絞り込み、さらに「描写カテゴリ」を「背景とテクスチャ」に設定して検索し直します。 桜をはじめ、新緑やイースター祭など、春の象徴となるような画像がまとまって出てきました(この「描写カテゴリ」フィルターは、なんとなくのイメージで画像を探したい場合にとても便利です)。 例えば、春のイメージとしてこんなイラスト素材はいかがでしょう? © ニコ – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/50440246 青空の下の桜吹雪。定番中の定番ですが、桜のモチーフだけでなく、明るくさわやかな青空も、長い冬が明けた開放感を感じさせ、春を表現できるポイントだと思います。 また、同じ桜をモチーフにしつつ、暖色系でまとめた背景イラストも。 © Tr3 – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/73241099 あたたかい太陽の光をイメージさせるようなイラストですね。このように、やわらかくキラキラとした光も、春を感じさせるモチーフの一つとなるでしょう。 今度は、素材タイプを「写真」にし、同じく「背景とテクスチャ」で絞り込んで検索してみました。 写真の場合は当然ながら、この「光」の感覚をよりリアルに表現した作品が多いですね。桜や新緑などに混じって、文房具などもありますが、これはおそらく「新学期」のイメージですね。 © Perry – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/75221450 新緑の風景や植物なども、春を表現できるモチーフですが、光のキラキラ感の印象が強く、ぱっと見ただけで気持ちのよい季節を感じられそうです。 © Bananafish – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/68151908 こちらは、マーガレットの花と蝶をモチーフにした作品。背景が白く飛んでいて、とても明るい印象です。多くの虫たちが活動を始めるのは春からですので、季節が変わったことをイメージしやすい組み合わせですね。 また、フォトリア(日本版サイト)の春の特集ギャラリーも、ぜひのぞいてみましょう。 ローカルスタッフが厳選した「春」の写真やイラストを見ることができます。 © Monia – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/12856836 色鮮やかなチューリップも春の象徴。花たちが太陽に向かって背伸びしているように見えるアングルで、生命の息吹も感じられます。 © Monia – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/12750647 もし、人物写真を使ってもよいのであれば、このように春をイメージさせつつ、芸術性の高いポートレート作品がたくさんあります。 いかがでしたでしょうか?「春」というたった一つのキーワードで検索するだけで、春を表現できるさまざまなモチーフや描写を参照することができました。もちろん、気に入った素材があれば、購入してすぐに使うこともできます。漠然としたイメージしかなくても、こうした方法でストックフォトを活用すれば、アイデアや発想が形にできるかも知れませんね。 ●出典: INSPI(インスピ)ブログ http://www.ebook5.net/blog/search_spring_image/ ライター: 佐藤 […]

もっと読む

ソーシャルメディアに動画を導入

31.03.2015

ソーシャルメディアに動画を導入

Facebook における昨年の第3四半期の収支報告で、Mark Zuckerberg(ソーシャルメディア界のパイオニア的存在)は、今後数年のうちに動画コンテンツがFacebookを支配するであろう、と語りました。ネット上で共有できるタイプの動画を推進することにより、前年度より ほぼ60%の収益 の増加を発表しました。彼はまた、5年前にはコンテンツの大部分がテキストで、その後画像へとシフトし、そして動画に移行していると述べました。この事から分かるように、動画配信が増えるに連れ、人々は気軽に共有するようになり、同様に、企業の動画によるメッセージにも慣れてきていることを意味します。もしまだ、ブランドやサービスを動画で宣伝していないのなら、今が始めるいい機会です! 人々は、友人との間で動画コンテンツを共有し始め、Facebookも今後の広告キャンペーンに動画を利用し続けます。短編動画は、サイトのニュース配信などにきちんと収まり、効果をもたらすことになります。 Fotolia では、このような短編動画が入手できます。 では、どのように機能するのでしょうか。動画により、組織の個性が出やすくなる可能性があります。絵1つで、1000個の言葉と同じ価値があると言いますが、動画には180万の価値があるとみなされます。1分間の動画なら、悪くない結果です。動画の強みは、情報や個性、理念などの伝えたいことを、迅速に効率よく引き立たせるような、プロジェクトの感情を捉えることができるところにあります。視覚的な感情は、人間固有の本能であり、社会的進化に組み込まれているので、共有したくなるのです。 共有することは、自分らしさ、友情、帰属意識を高めます。また、社会的地位をより高くし、面白い動画素材を提供することにより、称賛が得られます。なぜ人々が共有したがるかを知っていると、企業の宣伝をするため、何に取り組めばいいかが分かってきます。今日、ほとんどの人がソーシャルメディアを利用しています。自分が使用する時のことを考えて、何十万人もの人が共有する動画が、感情やスマートさ、面白さを表す証拠と思ってください。 幸福感により共有したくなるように、ソーシャルメディアにおいてこの感情が最も大切です。精神科医のDonald Winnicott は、赤ちゃんが最初に共有する反応は、自分の笑顔で、ママへの笑顔に対するものであることを発見しました(参照: https://blog.bufferapp.com/science-of-emotion-in-marketing)。2番めは悲しみです。そして、恐れは、幸せ、興奮、悲しみよりも共感を呼びやすいことが最近の研究で証明されました(参照: http://www.inc.com/ilan-mochari/customer-loyalty-horror-movies.html)。感情を理解することは、マーケットを動かすためには非常に大切な要因です。共有率の高い動画のヒット作品には、インスピレーション、ユーモア、可愛いなどのエンターテイメント性のある要素が含まれています。 Visiable Measures によるリサーチ によると、10秒以内に20%の視聴者がその動画の視聴を止めてしまうことが報告されています。よって最初の3-7秒が興味を持たせるための勝負となります。顧客を魅了するためには、顧客を離れさせないことが大切です。リサーチをしましょう。ソーシャルメディアの動画コンテンツを選ぶときには、画像と同様、A/Bテストが奨励されています。動画をいくつか選んで、結果を分析してみてください。「いいね!」や共有されましたか?好意的なコメントが多い動画がありましたか?あなたのチャンネル経由のプロモーション動画や、企業のウェブサイトに埋め込む動画を探す際に、この分析データを使用し、潜在的な市場調査をしてください。 どの規模あるいは種類の会社や団体でも、ソーシャルメディアに動画を取り入れることにメリットがあります。以下の統計も参考になります(出展元: Digital Information World): ・動画により、商品やサービスの理解が74%高まる ・10人のうち、8人のユーザーが、インターネットの動画広告を覚えている ・動画広告を記憶している46%が、何らかの行動を取った ・YouTubeは、世界第2位の規模のサーチエンジンである ソーシャルメディアで動画を使用する際には、低解像度版を使用し、動画内やその宣伝文句内に著作権情報の記載を忘れないようにしましょう。

もっと読む

ソーシャルメディアを効果的に活用する秘訣

31.03.2015

ソーシャルメディアを効果的に活用する秘訣

  ビジネスにソーシャルメディアを活用するなら、まずは、ソーシャルネットワークでプロファイルの設定をします。そして戦略を立て、ブランドとビジネスをプロモーションするツールを実装していきます。ここでは、ソーシャルメディア戦略を実施、分析、向上させるための秘訣をご紹介します。 使用するメディアを選択する FacebookやTwitterは、まず外せないでしょう。動画を扱うYouTubeも同様です。ターゲットがビジネスユーザー(B2B)なら、御社のビジネスと専門知識を宣伝するのにLinkedInも考慮してみてください。ファッションや創造性に特化しているなら、ブランディングのチャンスを増やすのに、Pinterest や Instagramを採用してみましょう。経験が不足しているなら、競合が何をしているか、どのソーシャルネットワークを好んでいるか、どんな情報を発信しているか、そしてその頻度などをチェックしてみましょう。 モバイルでの使用を考える Facebookのサービスを日々使用する8億9千万人のうち約84%が、携帯端末でも日々使用しています。携帯端末上でソーシャルメディアページやブログがどう見えるか確認してください。 アクティブさを保つ この点については誰もが賛成しますが、必ず日常的に投稿すべきでしょう。意見が分かれてくるのは、その頻度です。シンプルなルールとして、どのソーシャルネットワークでも最低1日に1回は投稿しないと、最終的な結果を確立できないでしょう。Buffer のブログ(ソーシャルネットワークの管理をサポートするサービス)では、ソーシャルメディアでの推奨する投稿頻度についての興味深いヒントが最近公開されました。彼らの推奨では、Facebookでは、多くて1日2回、Twitterでは3回かそれ以上、LinkedInでは1日1回、ブログでは最低週に1~2つの記事とのことです(詳細な説明や他のソーシャルネットワーク向けのヒントについては、こちらの記事 (英語)をご覧ください)。これはあくまでもガイドラインなので、自分のビジネスやリソース、また可能かどうかに合わせる必要があります。 エンゲージメントのためのイメージ ソーシャルメディアでの投稿において、イメージはエンゲージメントを高める簡単な方法です。82%のマーケッターは、画像や写真を使うことがソーシャルメディアにおいてコンテンツを最適化する 最も重要な方法 と考えています。複数のマーケティング調査が同じ結果として、関連する写真やグラフィックス、動画を付帯する投稿は、より多い閲覧回数がプラスに働いているという、同じ結果を報告しています。 写真やイラスト、動画を購入する時、Fotoliaでは使用を考えている媒体タイプに合ったサイズを選択することができます。従って、Twitterの投稿や短いブログ記事のイラスト用に使うのであれば、高解像度な画像を買う必要はありません。また、ソーシャルネットワーク向けに作者の名前、作品ID、またプロバイダー名(この例ではFotolia)が含まれた著作権表示付きの画像を直接ダウンロードすることも可能です。詳細については こちらの記事 (英語)をご覧ください。 投稿するスケジュール 数週間先、あるいは数ヶ月先の投稿やブログ記事公開のスケジュールを事前準備すると、より効果的になります。自分のビジネスに関連するニュース(例えば、製品のリリース)や季節的、社会的、文化的なイベント(クリスマス、バレンタイン、展示会など)を元にエディトーリアルカレンダーを用意しましょう。 投稿の効果を分析する ソーシャルネットワークは、例えばFacebookのインサイトのような、投稿の効果を測定するためのツールを提供しています。また、 Hootsuite や Buffer (他にも色々あります)では、一つの画面で複数のソーシャルネットワークの投稿をスケジューリングし管理することができ、Facebook、Twitter などソーシャルメディアプラットフォーム上でのアクティビティに関する効果の分析が行えます。ここでの目標は、どの投稿が最もトラフィックやエンゲージメントを得たのか知って、自分の取り組みの改善に注力することです。ブログやウェブサイトの監視、サイト上のエンゲージメント測定と理解をするなら、 Google Analytics が強力なツールを提供しています。ブログやWordPress を使ったウェブサイトを持っているなら、無料のプラグイン”WordPress SEO Plugin by Yoast”が、SEO、そしてウェブサイトの人気の最適化に役立ちます。 戦略的なモニタリング ブログやソーシャルネットワークのアカウントを管理する際、毎日新鮮で面白いコンテンツを探さなければなりません。良いニュースとしては、フォロワーの方々は、御社、その製品やサービスについてのニュースだけを期待している訳ではないことです。業界で影響力のある人をフォローする、市場調査のメリットを共有する、便利あるいは驚きの情報を伝える、読んだ方が良いブログ記事やホワイトペーパー、見逃すべきでないイベントのリンクを案内する、などなど。Twitter上でオピニオンリーダーをフォローすることに加え、自分用のダッシュボードで多くのRSSフィードの投稿を監視できる、非常に効果的な無料のウェブサービス Feedly を導入しましょう。 ブランド大使を発掘する 大使とは、ソーシャルメディア上で御社についての投稿やコンテンツを共有してくれる個人や企業のことです。友達に頼んだりブランドプロモーターになるように従業員からボランティアを募ってみるのも良いでしょう。御社のブランドに興味がある企業やインフルエンサーとの、例えば相互な露出のための、公式、非公式なパートナーシップも考えられます。ハッシュタグを提供したら、大使にとって御社の情報を共有しやすくなります。 反応良く 何が言われているかチェックし、質問や批判、あるいは良いコメントに対して素早く返答することが重要です。フォロワーが投稿を共有したりリツイートしてくれたら、お礼の言葉を伝えるようにしましょう。 ニュースレターを送付する ブログ上の投稿頻度によって、月に1回またはそれ以上、フォロワーにメールでニュースレター(メールマガジン)を送信しましょう。新しいコンテンツがたくさんなくても、最近の記事と同じ題材の他の古い記事をミックスした、テーマに沿ったニュースレターにできます。ニュースレターには、記事ごとに、題名、画像、短い抜粋、そして「もっと読む」というリンクを持たせます。 どのソーシャルメディアのマーケティング戦略が自分のビジネスに役立ちそうだと思いましたか?本記事のコメント欄からお知らせください。

もっと読む

Photoshopで画像にテキストやロゴを追加

31.03.2015

Photoshopで画像にテキストやロゴを追加

  ソーシャルメディアでは特に、画像にテキストを追加するのが流行っていて、Photoshopにはそれを簡単にするツールが備わっています。しかしロゴを追加するには、自分の思い通りにするためのコツが必要ですので、Photoshopの世界でどうやれば良いのか見てみましょう。 テキストの追加 Photoshopで、例えば連絡先や引用分などのテキストを追加するのは、とても簡単で、ちょっとした調整で圧倒的に簡単になります。 テキストを追加するには、文字ツールをクリックし、画像上をクリックして入力し始めます。 この方法の場合、改行なくテキストが画面よりはみ出るのを見かけるかもしれません。 新しい行にするには、改行位置を決めて手動で改行を追加します。 テキストボックス 文字ツールを使うエリアを決めてテキストを追加するなら、今回はクリック&ドラッグしながら四角を描きます。 マウスを離すと、テキストのカーソルが点滅したまま四角が残ります。ここに入力するとテキストが制御されて、形状にそって配置されます。 テキストの行間を広げる 文字パネルでは、テキストを入力した後に色々な調整ができます。時々もっと行間を広げたいと思うでしょう。その際は、文字パネルを開きます。画面上で見られない場合は、メインメニューから ウィンドウ > 文字 を選択します。 ダイアログボックスを使用することで、各行の行間を広げることができます。これは、全ての行を位置合わせし均等に行間を取れるので、各行を別々に描くよりも良い方法です。 簡単なテキストの書式設定 全て大文字にするのにCaps Lockキーを押し忘れていたとしても、再入力は不要です。文字パネルの下の方には便利なボタンがあり、以下の図にある左から3番目のボタンで大文字にできます。 テキストの背後に色を付ける テキストを目立たせるため、テキストに色のついた背景を持たせると良いでしょう。テキストの下のレイヤーを選択し、長方形ツールを選択します。 クリック&ドラッグで、初めの行をカバーする長方形を作ります(新しいレイヤー上に作られます): 描くのはそこまでにして、移動ツールを選択する代わりに、Altキーを押しながら今作った長方形をクリックしドラッグします。このレイヤーのコピーを作っていることを示す矢印が見えます。 テキストの行分、この操作を続けます。この時その間隔が均等でなくても、Photoshop で調整できるので安心してください。 テキスト背後の長方形の間隔を調整 このため、一番上と下の長方形が正確に位置合わせされている必要があります。選択と移動ツールの位置合わせの機能を良く知っているようなら、その方法を選ぶかもしれませんが、ここではシンプルに目を使って操作します。 作った長方形で、一番上と下のがきちんと位置合わせされていれば、レイヤーパネルで一番上のを選択し、Shiftを押しながら一番下の長方形を選択します。これで、全部選択できます。 移動ツールを選択し、オプションメニューから分布の垂直方向中央を選択します。 テキストの行間は均等になっているので、長方形とテキストも完璧に配置されているはずです。 テキストと長方形を好きなように整えるレイヤー効果を自由に使えることを覚えておいてください。好きなことがいくらでもできます! 他のコツ: • テキストや長方形用の色を画像からピックアップする。 • 長方形を立体のブロックやグラデーションと交換する。 • 手書き風のフォントには気を付けてください。読み辛くなるかもしれません。 • 誰かの言葉を引用する場合、それをきちんと記載するようにしてください。 「透けて見えると思った」ロゴを追加する 「背景をオフにしてロゴを保存したのに、他の画像の上に載せたら、背景が戻ってしまった。どうしたらいいですか?」 ロゴを作る時、保存する前に背景が透明であることを確認してください。これは、そのレイヤーの横の目をクリックすることでできます。 では、保存や別名で保存よりも、ファイル > Web およびデバイス用に保存 を選択します。表示されるダイアログボックス内で、ファイル形式をJPGからPNGに変更します。 これで終わりです。ロゴを画像に追加して、プロ風にブランディングしましょう。

もっと読む

ソーシャルメディアでストックフォトを活用

31.03.2015

ソーシャルメディアでストックフォトを活用

写真を使わない自分のFacebookページを想像してみてください。中々考えられないと思いませんか?ソーシャルメディアの中心にビジュアルがあり、デジタルチャンネルにおける画像の使用は、今やコミュニケーションで成功するための必須事項になっています。 Fotoliaでは、厳選した素晴らしい画像を手頃な価格で提供しています。今回は、何を使えばよいか、どうやって使えば良いかについての簡単なガイドをご紹介します。 Fotoliaでは、シンプルな2つ条件を満たすようであれば、ソーシャルネットワークでの全画像の使用を許可しています。その条件とは、画像の最大サイズが1000 x 1000ピクセルを超えないこと、そして画像内にコピーライト情報が表示されることです。コピーライト情報は、自分で追加することもできますし、Fotoliaからダウンロードする際にソーシャルメディア対応のデータを選択することもできます。詳細はこちらのブログ記事をご覧ください (英語)。 では、どんな画像が人々を引き付けるのでしょうか?何を選ぶかという時にこの質問に直面する場合、考慮した方が良い(そして自分の状況に適用させる)考えと提案事項がありますので、以下をご覧ください。 ソーシャルは混み合っている 自分のタイムラインを考えてみましょう。毎日入ってくる投稿の量は、新しい情報やメッセージが1分ごとに現れるようなものすごい量です。選択する画像は、興味のある範囲で機能し、見る人の注意を引いて多くの中から目立つものになるはずです。大胆で、鮮やかな色合いなどの特徴があると、効果的なアイキャッチャーになりプラスです。   ソーシャルは素早い ソーシャルメディアにおける注目のスパンは、非常に限られています。薄い量の情報のため、特定の投稿に長く関わることはありません。これを念頭におくと、すぐに判読できる、あるいは”読みやすい”イメージを使用することが良いと言えるので、一瞬で明確なメッセージが伝わる画像を選択しましょう。ソーシャルメディアの利用者は、何を言いたいのか考えるのに時間を取られたくはありません。 ソーシャルは私的なもの ソーシャルメディアは、個人間で対等に行われるコミュニケーションを確立することです。人間らしさは不可欠で、選ぶイメージ素材に簡単に反映させることができます。人々の写真、特に顔や目を装飾するものは、力強いビジュアル的な刺激をもち、自然と見る人の感情に訴えかけるので、感情レベル繋がれるようになります。 1つのサイズでは全てに合わない 好きなイメージを見つけたら、次は技術面です。異なるチャンネルでは別のイメージサイズを必要とすることを覚えておきましょう。 正しいサイズを確認するのに役立つ概要はこちらで確認できます。 自分らしく 特に標準的な形式はありません。人々、ビジネス、またブランドでさえも、根本的には個人で、一部の人たちに合っても、それ以外の人に合うとは限りません。例えば、美容製品や処置を販売する場合、ひどく大胆な色は逆効果で、その代わりに純粋で、クリーン、衛生的なのが、より確実な方向になります。自分が何で伝えたいメッセージが何かを考え、自分に正直になり、そして 信憑性が全てであることを覚えておきましょう。選ぶイメージは、ビジネスに合っている必要がありますし、その精神、DNA、感情を映し出すものであるべきです。もちろん、Fotoliaなら、3,600万点以上のイメージであなたにインスピレーションを与えサポートします。数々のカテゴリーから快適に閲覧できるので、 楽しみながら選んでみてください!

もっと読む