0
Menu
fotolia

実写の中の絵文字

29.07.2015

実写の中の絵文字

読み書きする際に使われる英単語の数は現在1,205,109.8 と言われていますが、時と共にこの数には懐疑的になってきました。言いたい事の全てや、一言だけ言いたい場合、絵文字として要約することができるからです。 小さな図形文字や“スマイル顔”(2015年版は悲しい顔!)は主なブラウザーのシステムでサポートされています。 シドニーを拠点とするフォトグラファー、Peechaya Burroughsは可愛く小さなアイコンを現実世界に取り込みました。日々使うものに、漫画的な要素を残して作品にしています。 Image: Copyright © peechaya 2015 Sydney Image: Copyright © peechaya 2015 Sydney Image: Copyright © peechaya 2015 Sydney Peechavaのユニークで楽しい作品を見たい方は彼女のサイトやInstagramで見ることができます。  

もっと読む

航空写真- プロジェクトの視野を広げましょう!

27.07.2015

航空写真- プロジェクトの視野を広げましょう!

世界初の航空写真は1858年にパリ郊外で、写真家であり、飛行船操縦者のNadar(ナダール)ことGaspard-Feelix Tournachonによって撮影されました。Nadarの航空写真に対する情熱は、ジュール・ベルヌの「月世界旅行」から受けており、Nadarは小説の主人公の名前Ardanのアナグラムです。残念なことにNadarの航空写真は今日では存在していません。今日見ることができる世界最古の航空写真はphoto of the city of Bostonで1860年にアメリカ人James Wallece Blackが撮影したものです。 軍は領土を高度から監視するために素早くこの撮影手法を使用しました。民間では、航空写真は地図作成の分野で有用され、そして考古学では古代遺跡の場所を探査するために使われました。   航空写真は、この地球の様々なモニュメント、都市、田園風景、野生や砂漠などの壮大な景色を捉えることにより、特にドキュメンタリーや芸術の分野に影響を与えました。フォトグラファー、Yann Arthus-Bertranは世界中でベストセラーとなった「Earth From Above」でとても美しい世界を紹介しています。フランスの新聞「Le Monde」紙によると、最も売れたイラスト本で350万部のベストセラーだと説明しています。   Aerial views could just as well offer a broader scope to your own creative projects! Fotolia offers thousands of magnificent images, all taken by professional photographers both during the day and at night from planes, helicopters, aerostats, microlights, […]

もっと読む

Photoshop ぼかし – 虹彩絞りぼかし

27.07.2015

Photoshop ぼかし – 虹彩絞りぼかし

今週の、PhotoshopグルEric Renno (Tip Squirrel)のチュートリアルは、Photoshopの「虹彩絞りぼかし」についてです。 ぼかしを加える事によって、画像に深みを出し、構図を引き立たせることが出来ます。Photoshop CC では、ぼかしギャラリーの中に、新しいぼかしが加わりました。パスぼかしとぼかし(ガウス)については、既に説明しましたが、今回は、虹彩絞りぼかしについてです。 今回はこの画像を使いましたが、皆さんは自分の画像でお試し下さい: スマートオブジェクトに変換 毎回説明していますので、今回は詳細を省きます。新しいぼかし機能はスマートフィルターとして使えるので、いつでも元に戻すことが出来ます。「選択範囲のにじみ」だけは例外です。これに関しては後日説明します。 ぼかしギャラリー ぼかしギャラリーは フィルター>ぼかしギャラリーにあります: 虹彩絞りぼかしを選択して下さい。 コントロール 虹彩絞りぼかしを選択すると、新しいウィンドウが開きます。最初は少しわかりづらいかもしれません: 焦点:中心に焦点を合わせます。 ぼかしをマスクとして保存できるので、マップとしてぼかしの勾配を調整できます。ぼかす部分を暗くするときに役立ちます。 高品質はプレビューウィンドウに反映されます。オフにすると、フィルターが少し早く動きます。 ぼかしの中心。ぼかしの量は(1)の焦点の設定で決まります。黒いドットはピンで、クリック、ドラッグで好きな場所に移動できます。 焦点のぼかし具合を調整し(1)、全体のぼかし具合を決めます(7)。これは、中心点(4)から少し離れると、クリック、ドラックでも調整できます。 内側の焦点(1)とぼかしの量(7)の境界は、(5)から調整できます。 外側のぼかしの量の調整は(6)で行います。 ボケを使って、ぼかしの中にハイライトを入れます。 クリック、ドラッグして、ぼかしエリアの円の形を決めます。 ぼかしを作る Photoshopで最初のフィルターが開くと、画像の中心にデフォルトのぼかしが入ります。ハンドルをクリックドラックして好きな場所に配置します。外側のハンドル(5) や(6)でぼかしの微調整ができ、四角いハンドル(9) は、範囲の丸みの形を変えます。   複数のぼかしを加える 一つの画像に、一つのピン、ぼかししか使えないわけではありません。他のぼかしを加えたい場所の中心を、クリックして下さい。(後で好きなときに移動できます) ここでは、コーヒー豆のバスケットと、カップ、2箇所にぼかしを設定しました。 同じくらいの被写界深度にして、強調したいときに使用します。異なるぼかしは上手く混ざって、全体的な効果を作り上げます。画像によって、そして表現したい効果によって異なりますが、ピンとぼかしを変えることはとても簡単です。 画像上での編集 画像上でぼかしを調整したい場合は、ピンの周りのダイアルを使って下さい。時計回りでぼかしが追加され、反時計回りでぼかしが減ります。たくさんピンがあると、少し使いづらいです。 最初は、結果に満足しましたが、よく見ると問題がありました: 奥のカップ自体や周りはぼやけているのに、カップの持ち手がくっきりしています。カップの周りにピンを追加して、これを解消することができます。2,3回する必要があるかもしれません。ぼかしの量を直接追加出来れば便利ですが、これは次回のFotoliaのチュートリアルで! Ericさん、非常にわかりやすいチュートリアルをありがとうございました。ウェブサイトとYouTube で彼のチュートリアルをご覧いただけます。FacebookとTwitter から彼に連絡が取れます!  

もっと読む

画像に秘められた物語 – ワンダーラスト, n

27.07.2015

画像に秘められた物語 – ワンダーラスト, n

今週の「画像に秘められた物語」のフォトグラファーは、Fotoliaのクリエイター、James Percyです。本当に素晴らしいオーロラの幻想的なショットです。 「ワンダーラスト, n. – 旅と冒険への衝動と欲求」 この写真への旅は何年も前に始まりました。 若い時に、親元を離れました。毎日が冒険のような未知の世界の中で、新たな自分を発見しました。色々学び、成長していくうちに、北極圏で神秘的なオーロラを見に行こうと思い、思い切って新しいカメラに投資しました。(未だにあの時のオーロラは本当とは思えないほどです) ノルウェーのトロムソに着くと、地元のオーロラガイドが私を迎えにきてくれました。天気図を見て、クリアな空を求めてフィンランドへドライブすることにしました。 本当に見ることが出来るのか、少し不安に思いつつ、マイナス30度の中で、つま先が完全に凍った状態で、カメラを星空に向けて立ち続けました。そしてその時がきました。 頭上に何か大きな緑がかった雲のようなものが形成され始めました。突然、更に大きく、緑色になり、地平線から地平線までをつなぐ巨大なアークのようになりました。シャープな緑色、白色、マゼンタの光の破片が絶妙な配列で、燃え、踊り、うねり、波打っていました。とても衝撃を受けました。そしてオーロラが渦を巻いて降りてくるのを、角度や構図をかえて必死に撮影しました。興奮して、アドレナリンが全開になり、つま先が暖かくなっていきました。 まさに「畏怖の念」を抱きました。翌朝、早く目覚め、カメラをチェックして夢じゃないかを確かめた覚えがあります。あれ以来、毎シーズン、オーロラを撮影するために戻っています。真のオーロラチェーサーになり、そして撮影技術も上達しました。 オーロラを撮影するには、できるだけ広角にします。桁外れなスケールで画像に収めたいと思うでしょうが、オーロラアークは通常非常に大きいので全てを納めることはできません 。f/2.8の開放値でISOを抑えつつ、十分な被写界深度と光を取り込むことが出来ます。愛用レンズ、Carl Zeiss 15mm f/2.8を使ってシャープな画像を撮影します。 今は小さなツアーガイドの会社を営んでいますが、オーロラを見るたびに、頭上で展開する世界の七不思議というだけでなく、私の冒険が始まったあの時のことを思い出します。 もっと旅をしたいという夢を実現させるための資金稼ぎに、Fotoliaで写真を販売し始めました - 前進あるのみです。 冒険の続きを見たい方はInstagramをフォローして下さい。 Jamesさん、「画像に秘められた物語」をありがとうございます。もっと彼の素敵な作品を見たい方は彼のポートフォリオを参照して下さい。  

もっと読む

水中世界にダイブ

27.07.2015

水中世界にダイブ

翡翠色の水、さんご礁に住むカラフルな魚、マンタや鮫の間をすり抜けていくダイバー達。。。水の中に住む生物たちの幻想的な画像を探している方は、Fotoliaに飛び込んで下さい! 世界中の有名なダイビングスポットは私たちの素材集の中にあります:モルジブ、オーストラリアのグレートバリアリーフ、バハマ、紅海、カナリー諸島、など。探している地名を検索窓に入力するだけです。 水中写真には特別な装備や技術が求められますが、日々、セレクションチームは、写真エージェンシーやプロフェッショナルで情熱的なフォトグラファーが作成した、最高の写真、イラスト、動画を選んでいます。 もちろん、被写体に近づいて撮影すれば、誰でも使える機材を使って楽しみながら撮影することもできます:最新でコンパクトなデジタル機器と防水ケース、そして、情熱、まずはこれから始めてみましょう! 光や色を失わないように、水面から潜りすぎないようにしましょう(内蔵フラッシュには限界があります)。水深が深くなるほど、青が優位になるのに対し、赤は消える傾向にあります。情熱的な水中写真家たちは、外部のフラッシュやマクロレンズ、超広角レンズ、デジタル一眼レフを使います。 Fotoliaでは風景セクションに水中のカテゴリーがありますので、そこでお探しの画像やベストセラー画像、最新画像が見つかるはずです。 動物のカテゴリーの中に、海洋生物がサブカテゴリーであり、さらにその中に、カニ、深海魚、イルカ、魚、ロブスター、ムール貝、甲殻類、巻き貝、鮫、鯨やさんご礁があります。 検索オプションで、パノラマ写真、切り抜きやすい白背景のみなど、絞り込むことも出来ます。 もちろん、カテゴリーからしか探せないわけではありません。キーワードに動物の種類を入力、または、ラテン語の学名(Stenella longirostris, Neopetrolisthes maculatus, Risbecia tryoni, など)でも検索できます。また、ぱっと浮かんだキーワードを追加することも可能です。例えば、「難破船」や「友達と撮影」などです。

もっと読む

スポットライト アーティスト Luis Mazón

23.07.2015

スポットライト アーティスト Luis Mazón

バルセロナ在住のアーティストLuis Mazónの暖かみのあるクレヨンベースのイラストは、GIFフォーマットにすると、より活き活きとなり、見る人をほっとさせます。彼のウェブサイトの、可愛く、生意気で、少し失礼なイラストは、GIFで動きを持たせることにより、見る人を虜にさせます。動きがないとただの落書きのようにしか見えないものがGIFによって変貌を遂げます。 彼の作品には、GIFフォーマットテクノロジーSteve Wilhiteの技術が含まれています。 Source: http://mazonluis.com/ Source: http://mazonluis.com/ Source: http://mazonluis.com/ Luisの素晴らしい作品はウェブサイトとBehanceからご覧いただけます。

もっと読む

ぼかしギャラリー Photoshop:ぼかし効果

16.07.2015

ぼかしギャラリー Photoshop:ぼかし効果

今週の、PhotoshopグルEric Renno (Tip Squirrel)のチュートリアルは、Photoshopの「ぼかし」についてです。 今回のミニシリーズのテーマは「ぼかし」です。フォトグラファーにとって強敵ですが、これを加える事によって見え方が断然変わります。先ずは、ぼかしパスから始めましょう。このチュートリアルではこの画像を使用しますが、みなさんは自分の写真で試してみてください。 パスぼかし(Path Blur)の場所 Photoshop CS6をお使いでしたら、フィールド(Field)、虹彩絞り(Iris)、チルト/シフトがあります。Photoshop CCでは、これらはぼかしギャラリーの中に追加されています: この新しいメニューの中に、上記3つのフィルターと(CCでは)新しい、パスぼかし、スピンぼかしがあります。 パスぼかし パスぼかしは、モーションぼかしの変わりで、非常にパワフルです。(モーションぼかしは今もあります)方向、スピード、画像のぼかし具合などがコントロールしやすくなっています。 使い方: パスぼかしは、スマートフィルタ-として、スマートオブジェクトに追加できます。レイヤーを変換してみます。 メニューからパスぼかしを選びます: ぼかしが追加された新しいダイアログウィンドウが開きます: ぼかしの方向 ぼかしの方向は、画像上の青い矢印で調整します。矢印がぼかしの方向(2)になります。両端の2つの◯は、クリック、ドラッグすることにより好きな場所に配置でき、矢印の長さも変えられます。 真ん中の◯(3)はカーブの中心です。これをクリックしてドラッグすると、2つのポイント間のカーブが出来ます。矢印をクリックすると、追加したい他のカーブポイントが作られます。 ぼかしのコントロール 終了点をクリックすると、青いドットが付きます。マウスを少しずらすと丸いコントローラーが出てきます。ぼかしの量を増やしたいときは時計回り、減らすときは反時計回りに、クリック・ドラッグします。画像上で調整できるので便利ですが、微調整は少し不便です。 ぼかしは、右側のスライダーでも調整できます。 コントロール 1.ぼかしの速度で、500%まで増やせます。 2.テイパーでぼかしのエッジを調整して自然な動きにさせます。 3.ぼかし(中央):ぼかしの方向をより明確にするときに利用します。特に今回のデモンストレーションでは、ぼかしを特定の角度にしたかったので役立ちました。 4.終了点の速度は、終了点でのぼかしの速度を調整します。 5.ぼかしシェイプを編集。カーブはフィルターで自動的に作成されますが、これを選択すると直接変えることができます。 ぼかしシェイプの編集では、赤い矢印の選択したポイントでぼかしの角度とパスをより正確に動かすことが出来ます。 マスクは必要ありません 写真の手の部分のぼかしは非常にいい感じですが、画像全体がぼやけています。部分的にぼかしをなくすには、画像をクリックして新しい矢印を追加、セットし、終了点をゼロに設定するだけです。 手は動いているように見えますが、腕の部分に動きがありませんので、腕にも少しぼかしを入れます: 次にぼかしゼロの矢印を追加します: OKをクリックすると出来上がりです。 Ericさん、非常にわかりやすいチュートリアルをありがとうございました。ウェブサイトとYouTube で彼のチュートリアルをご覧いただけます。FacebookとTwitter から彼に連絡が取れます!  

もっと読む

女性のストックフォト – ありふれたものにしない

16.07.2015

女性のストックフォト – ありふれたものにしない

ストックエージェンシーとして、パワフルで多種多様な女性のイメージを広めてきました。これから、さらに、様々な年齢、人種、体型の女性のイメージを捉えていきたいと思います。ステレオタイプな女性に対する見方を変えるいい機会ではないでしょうか。より現実に近い、人生を謳歌している女性のイメージに近づきたいのです。現代の女性のチャレンジやパワーを象徴するような写真のコレクションを充実させたいと思っています。 ビジネスウーマンだけでなく、外科医、弁護士、シェフ、デザイナー、科学者、軍人など様々な分野でプロの女性が活躍しています。メガネをかけ、スーツを着て、ブリーフケースを持っている会社員だけではありません。コンテンポラリーな服装で、男性社員と一緒に働きながら、部下に指示を出す人もいます。 家族の概念も変わりました。母親はおむつを変え、洗濯物をたたみ、夜ご飯の準備をするだけではありません。母としての役割は様々あり、そして、例えば、ヨガのクラス、ジムでの運動、友達と会うなど、自分自身のための時間と、家族との時間をバランスよく保っている人が多くいます。 趣味などに関しては、競技スポーツ、金属加工、木工芸、日曜大工などを趣味にしている女性に敬意を払いたいです。一般的に考えられている”女性らしい趣味”以外にも、色々あることを広めていきたいと思っています。 今日の女性像を映し出すために、クリエイターの皆さんの役割は非常に重要です。女性に対する態度をかえる簡単で効果的な方法は、被写体としての女性の見方をかえることです。一緒に変化させていきましょう!  

もっと読む

野性的な隣人 – 身近な野生動物との共存

16.07.2015

野性的な隣人 – 身近な野生動物との共存

郊外に出没する野生動物は、危険で厄介でもありますが、神秘的でもあり、人間がそこに住む前の環境を思い起こさせます。私達は自分たちの都合に合わせて地形を変化させてきました。自然環境に接して生活するということは、毛むくじゃらだったり、羽のある隣人がいることを意味します。 クマ、マウンテンライオン、ムース、ハイイロオオカミなどが、食べ物を探しに郊外に出没することがあります。私達が簡単に食べ物を廃棄処分することによ り、野生動物たちに餌を手に入れやすい環境を与えたのです。近所に美味しそうなものが捨てられているのに、動物たちのせいにしますか? クマやオオカミが近くにいる状況での撮影はお勧めしませんが、近所に出没した危険がない動物を撮影してみる価値はあるのではないでしょうか。   飼いならされていない動物と人間とは共存しているように見えますが、動物たちは生き残るために、私達が作った世界に合わせているのです。この視点から、撮影してみるもの面白いのではないでしょうか。  

もっと読む

流れを撮る- 動きを撮影する方法

16.07.2015

流れを撮る- 動きを撮影する方法

動いているものを撮影するとき、止まった動きを撮影したいのか、スピードを表現したいのかを決める必要があります。これはシャッタースピードで調整することが出来ます。走っている人や動きを止めて撮影するときは、早いシャッタースピード(1/250)使って下さい。レーシングカーなどを捉えるには1/4000 のシャッタースピードが必要です。   早いシャッタースピードで撮影するには、ISO感度が高い必要があります。(高過ぎるとノイズが出ます)そして明るいF値で光の量を多くします。その反対に、例えば、水や光などの動き自体を表現したい場合は、遅いシャッタースピードにします。例えば、スムーズな滝の水の流れを撮影したい時、ISO感度を低くし、F値を絞るだけでは、レンズから入る光が多すぎる場合があります。このような場合はND(ニュートラル・デンシティ-)フィルターを使います。NDフィルターで光の量を減らすことができ、長時間露光が可能になります。ブレないように三脚とケーブルリリースを使うことをお忘れなく。 せっかくの撮影の機会を逃さないように、正しい数値が設定されてるかを確認して下さい。自分の機材の扱いに慣れればなれるほど、設定するスピードが早くなり、高品質な画像を撮影できます! 最高の状態で撮影できるように、早めに現地に行って、準備して下さい。イライラしたり慌てないように、先にレンズの焦点を被写体が動き出す前に合わせておきましょう。 途中でシャッターを押すのを止めず、連写し続けて下さい。肉眼だと、スピードについていくことが出来ません。カメラにまかせて下さい。コンティニュアス モードを最大限に利用して下さい。被写体にピントを合わせて、シャッターを切れば、例えばこれはドライバーですが、被写体の動きに合わせてピントが合わせ続けます。あなたが動いたとしても、被写体にピントがあっているので、再度ピントをあわせる必要はありません。被写体の動きに合わせてカメラを動かしても鮮明に撮影することが出来ます。 ストップモーションの中に動きを出したい場合は、カメラスライダーをお勧めします。 Carli Davidsonの Shakeのような動画から、最高のシリーズが制作されています。連動写真の世界に入って、思いもしなかった発見を是非披露して下さい!

もっと読む

6月のベスト

13.07.2015

6月のベスト

6月は北半球に住んでいる人にとっては、夏の始まりです。今月にFotoliaにアップロードされた最新作は、暖かい日差しと、長い日照時間のため幸せに満ちています。   今月のギャラリーは臨場感が溢れています;つま先の間の濡れた砂の感覚、熟したトマトのフレッシュな香り、子どもたちがプールに飛び込む水しぶきに歓声をあげる大人など。 そして、北ヨーロッパ(特にイギリス)にお住まいの人ならお判りの通り、夕立の写真なしには夏のフォトギャラリーとは言えません。 自宅でも、旅先でも、以下のページから6月のベストを御覧ください。こちらから全てのギャラリーをご覧いただけます。

もっと読む

今週の無料素材-ゲーム

13.07.2015

今週の無料素材-ゲーム

ゴルフボールを並べて ゲーム、セット、マッチ!今週の無料素材3点を7/19(日)の11:59pmまでダウンロードできます。 ビリヤード   赤と黒のコマとサイコロ ゲームの画像がテーマになっているギャラリーはこちらから。

もっと読む